Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い請求について

消費者金融では以前には今よりも高い利息でお金を貸していました。

現在は利息制限法で定められた利息になっているので、以前借りている時に払っていた高額な利息は今の低い金利に引きなおし計算を行います。

そして払いすぎている利息は帰ってきます。

これを過払い請求といいます。

過払い請求は、認定を受けた司法書士や弁護士に依頼します。

中には長年払い続けていた人は過払い請求をして借金が無くなりさらに返金もあるそうです。

何年も払い続けている人にはチャンスです!

スポンサーサイト

説明になってない文 090金融 ヤミ金

【スペシャルPR】
消費者金融審査甘いは審査について、融資について知り得る情報サイトです。

ヤミ金と一言で言っても、090金融、システム金融と呼ばれるような複数の種類があるようで、何が違うのだろうと調べていたら、答えに突き当たる前に、090金融の説明に遭遇した

090金融とは、ダイレクトメールやチラシ等に記載されている電話番号が「090」で始まる携帯電話番号しか載せていないことから、この名前で呼ばれています。

090金融は、固定電話を持たず、携帯電話だけで事業を行い、小口の融資を高利で貸しつけるという特徴があります。

一般的な手口としては、広告やダイレクトメールなどで「他店で断られた方にも即日融資可能」というようなうたい文句で 宣伝を行い、電話で申込みをしてきた客に比較的少ない金額を振り込みます。

しかし、その後、トサン、トゴといった法外な利息を請求して来ます。

090金融の特徴としては直接業者が取り立てに来る事がない事です。

店舗を構えている闇金業者にはケツ持ちと呼ばれるポジションに、ヤクザがいる場合がありますが、店舗のない090金融のような闇金の場合はヤクザと繋がっている可能性は薄く、 従業員は一般人の場合がほとんどで直接取り立てに出向くことはまずありません

といった内容であるが、電話で勧誘される事がほとんどのヤミ金に対して、090金融かどうかを見分ける
説明にはなっていないように思う。

この説明を書いた人は、やくざではないから踏み倒しても安心だよ・・・とでも言いたいのでしょうか?

こんな内容を堂々と記載して載せる人自身が、危険なのでは?と感じてしまう。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

税金も貯まれば大きな借金

【スペシャルPR】

~ 実録 闇金融の表と裏、生々しい闇金の実態を送る闇金情報サイト

私が抱えるのは借金だけではなく、未納のままとなっている税金の苦しみもある。

色々な種類の税金があり、複数種目で滞納状態。それを払うことが出来ないでいる。

税金の支払いが滞ると延滞料が付加されてくるが、延滞料の利率計算を行った事はない。

ただ、感覚的にはヤミ金ほどでは無いにせよ、その辺にある商品者金融よりも高く、みるみる増えていく上基本的には、振込用紙での支払いのため、振込用紙に記載されている金額しか支払う事ができずに、とりあえず小額だけでも払っておこうというような事はできない仕組みになっている。

税金の支払いは義務なので、払わない訳にはいかないのだが、振込用紙に記載された金額が一度に払おうとしても、借金地獄の私にとっては額が大きく支払う事ができない額であり、振込用紙の1枚あたりの金額が、小さくなったものを多く用意してもらわなければ、払う事ができない。

過去からその交渉を何度も行っているが、結局次の期に入るとまた大きな額の振込用紙が送られてきて また同じ交渉をしなければならず、非常に面倒であると同時に、時間から時間で仕事を行う役所に対して電話をするタイミングを探すのも困難になってくる。

杓子定規極まりない役所の対応は、働く市民にとって非常に動き辛い面が多いので、変わったサービスを始めた役所のニュースなどを目にしたときは職員の出勤時間を時間差にして、営業時間延長のようなサービスを行った方が、地元住民は助かるはずなのに・・・

なんて事を常に思ってしまうのは私だけだろうか?

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

返済は完了 だが解雇となった。どうする?

【特別PR】

闇金融の知られる表面、それだけではなく裏面も実録風でまとめた「~ 実録 闇金融の表と裏」

民事再生の返済も完了し、残すは1件の消費者金融のみ、今までに近いペースで返済していけば
そんなに長期に渡ることなく返済が可能になる。そんな思いで張り切って仕事、バイトに励んでいたある日
なんと、長年勤めていた会社からあらぬ疑いを掛けられた。

私は営業職として勤務していたが、担当する得意先で担当者が4人立て続けに解雇になった。

内容を調査していくと、どうも4人とも横領の疑いで解雇。私の会社にもいくらかの未払い金が発生していた。

もちろん、営業職として毎月、未払いの原因調査を行い会社へ報告を行っていたが、原因を聞き取る一人が
その解雇になった4人の中の一人で、その横領に私が関与していたのではないかという疑いがかかった。

私は、聞き取りに出向き、得た情報をそのまま会社に報告していただけだが、日報も、回収報告書も
担当者である私が作成するものであり、誰か別の担当者に証明して貰うこともできない。

アルバイトが禁止されている会社なので、アルバイトの事実を告げるわけにもいかず、
会社が調べた私の個人情報から、個人民事再生の適用を受けた事実、返済の事実がバレてしまい
結果として出された言葉は、「疑わしきは去ってもらう」との事で懲戒解雇の決断。

20年以上勤め、それなりの立場にはあったが、懲戒解雇なので退職金も得られない上、
失業手当もすぐには支給されない。

さぁ困った。法的期間に不当解雇である事を訴えたくてもお金が無いし、
長年お世話になった会社ともめる事は本位ではない。

結局は職探しとともに、複数のアルバイトを始め、新たな奮闘記が始まった。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

Appendix

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
1226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
143位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。